読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレイに向かって

ねごとは寝ていうものなの?

【宝塚歌劇】宙組 相続人の肖像 感想(ネタバレあり)

千秋楽も過ぎてしまいましたが、ずんちゃん(桜木みなとさん)バウ行って参りました〜!
花組大劇場もうやってるけど感想は?って思われるかもしれませんが…もう実は行ってしかも良席だったのにも関わらず爆睡してしまい感想どころじゃありませんでした…orz
ショーでマイティーから目線頂いて母(マイティー好き)がはしゃいでいたことはご報告いたします。笑


以下、あらすじ。
亡き父の不実の愛と、遺産相続を巡る騒動を背景に、貴族の青年の成長をユーモラスに描く。20世紀初頭のイングランド。伯爵家の跡取りであるチャーリーは、母の死後間もなく、愛人を後妻に迎えた父ジョージと決別状態にあった。やがて父の訃報を受け、居城であるバーリントン・ハウスを相続することとなったチャーリー。だがジョージの遺言により、邸以外の財産はすべて後妻のヴァネッサと、彼女の連れ子であるイザベルに譲られることが約束されていた。邸を維持する為、今後莫大な費用が必要となるチャーリーは、父と同様“持参金目当ての結婚”を迫られるが……

愛を知らずに育ったずんチャーリーがまどかイザベル(星風まどかさん)と出会い愛を知り、家族とも和解するっていう宝塚的にオーソドックスな展開でした。

チャーリーの実家の嫌い様がすごい。
確かに自分の正妻も子供も愛さなかった父と過ごさなければならない少年時代を過ごせば、いざ遺言で父の愛人(と思って今まで生きてきた)と暮らせって言われたら財産があっても嫌がるよね。でも君に何ができるんだ!みたいなことを言われてたから貴族ってそんなもんなんでしょうか…

まりんロザムンド(悠真倫さん)がこのお芝居の要だったなと思うのですが、せーこヴァネッサ(純矢ちとせさん)を愛人呼ばわりし拒絶、チャーリーが遺言通りにヴァネッサと暮らすことを拒んだら逆玉の輿をさせようと必死になったりするのが身勝手な役には見えるのですが、高貴な人柄もあって憎めない役だし、まりんさんがしっかりその人として演じておられたのが良かったです。歌うと完全に男役なんだけど、お祖母様役なんですんなり聞こえました。

バーリントン・ハウスの執事は歌って踊れるまっぷーフィップス(松風輝さん)!
肉じゅばん着てたけど軽快に踊っておられました。あとチャーリーの肩を持つでもなく、ヴァネッサと主人であるジョージは愛し合っていたとちゃんと理解していた人格者であったからこそチャーリーとのいざこざがあったんだとは思いますが、薄い役のこなしじゃなく、しっかりとチャーリーを諭したりヴァネッサの気持ちを汲んであげたりしてたのが印象的でした。
関係ありませんがバーリントン・ハウスの歌がテンポが良くって好きです。
使用人ルパート役の春瀬央季くんの髪型がりくくんと似ててかっこいいやつ。長身でチャラ役で完全にオペラ泥棒のパターンでした。かっこいいーーけどお歌が歌えたらもっと良かった…!!

今回1番言いたいことは、りくハロルド(蒼羽りくさん)がさ…チャライケメン御曹司でさ……白で膝丈上着なんですがすらっとしてるから超似合うのですよ。最後のシーンでイザベルに「あなたがその人を忘れるまで私も待ちます」的なこと言うんですが、チャラいのに甲斐甲斐しいし御曹司だなんて最高ですよね。嫁にしてほしい。…おっと話がずれた。

噛ませ犬的な感じになってしまった、チャーリーの婚約者で、昔振られてしまった奥手なもあベアトリス(愛白もあさん)もなかなかの甲斐甲斐しさでした。

昔こっぴどく拒否されてるのにオールドミスになっても構わないし待ってるってなんと健気…!ハロルドもその感じあるから兄弟で健気キャラなんだな。結局2人とも振られちゃうんですが\(^o^)/

星風まどかちゃんは100期なんですね!若い!でも演技に艶があるのでこれから気になる感じではあります。

ここ、本当セリフ忘れた?って思うくらいの間があったんですがもしこれ考えてやってるんだったら本当にすごいと思う。間合いだけでも惹きつけられたもんね。

お話としては、ヴァネッサが愛人ではなく、実は実母がお家のために父が結婚せざるを得なかったという衝撃は観客としてもなかなかでしたが、その事実からチャーリーがヴァネッサと和解できた重要な転換ポイントでした。
大事なシーンはジョージのお墓前で行われているように感じました。さっきまで気づかなかったんですが、プログラムの花投げてるのお墓だったんですね。チャーリーの苦悩ですよね。曲解していたのは自分の方だったと気づく、肖像として自分を振り返る象徴がジョージのお墓だったのかなー。

二幕の最後の方で、イザベルは「実は好きな方がいます…」とハロルドに伝えて、ハロルドは健気キャラなので「あなたがその人を忘れるまで私も待ちます」って言うんですね。そこでチャーリーはベアトリスではなくイザベルのことを愛していると伝えるんです。
ベアトリスは既にわかっていた、と泣きながら部屋を出ていってハロルドが殴るんですチャーリーを。以下ニュアンスの会話。
「イザベルを幸せにしてくれ」
「誓うよ、君の愛に懸けて」
「ひとつだけ言っておくが、君を殴ったのは姉さんの名誉のためだ!」
って出て行くハロルド。かっこいい…チャーリーなんか残念だけどどっちもかっこいい…

今回下手での観劇だったのですが、ずんちゃんがセンターに来た時の横顔が音月桂さんに見えて中性的な美しさに一瞬時が止まりました。
デュエダンでまどかちゃんをリフトしてふわりと優しく降ろすところもキムちゃんっぽくて素敵でした。2人で目を見て踊ってるのめっちゃ可愛かったです。普通デュエダンってそういうものなんだけど、2人の空気感がマカロンカラーで彩られているように見えて微笑ましく思えました。

あとショーがタンゴ調でめちゃめちゃかっこ良かったです。振り付けで脚カクカク?させるのかっこいい。みんな脚が長いから見応えがあるし。


パレードではりくくんチャラくて感涙でした。ありがとうございます。nani
最後のご挨拶で、せーこちゃんに組長だからと話を振るずんちゃん。「役が抜けちゃうからww」とめっちゃ笑うせーこちゃんがせーこちゃんっぽくて好きです。笑


宙組さんみんなシュッとしててかっこいいな〜年始の大劇場チケット取れたらいいのだが…年の始めから宙組充させてほしいよ公式さん!!!