読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレイに向かって

ねごとは寝ていうものなの?

【宝塚歌劇】花組 新源氏物語・Melodia 感想(ネタバレあり)

きちんと観て参りましたよ花組さん!
源氏物語ノー勉強で行きましたがパンフにも大方のあらすじも登場人物も載ってたので役立ちました。

ムラパンフはこちら。
f:id:vo1ceddy:20151226004641j:image

それでは、観劇後の興奮覚めやらぬ間に感想書いていきます!
そしてパンフが無いので時系列がバラバラだと思われます…


あらすじ。
1981年に田辺聖子氏の「新源氏物語」をもとに、柴田侑宏脚本・演出、榛名由梨主演で初演、1989年には剣幸主演で再演され、大好評を博した作品。
華麗な平安の宮廷を背景に、帝の第二皇子として生まれ数奇な運命に翻弄される光源氏の、愛と苦悩をドラマティックに描き出す。光源氏役に挑む明日海りおを中心とした花組が誘う、きらびやかな王朝文学の世界。


・幕開けがチョンパで始まるのがとっても綺麗!!!平安絵巻の世界へ誘ってくれます。

・妖美を漂わせる光源氏と貴族たちからもっぱら噂されるが、みりお(明日海りおさん)が噂以上に美しく妖しげな魅力を持った光源氏を演じていて眼福。

・桐壷の女御との逢瀬のときのかのちゃん(花乃まりあさん)が消え入りそうなお声で「いけません…」って言うのがたまらん。高貴な人、父親の妃であり決してあってはならない男女の関係を精一杯抵抗しようとしているのが見えて観てるこちらをゾクゾクさせてくれる。

・あきら頭中将(瀬戸かずやさん)とみりお源氏の宮中での踊りのとき、群舞で参加のらいらい(夕霧らいさん)がただただエロスでオペラ泥棒でした。唇が誰よりプルプルなの反則です……

・タソ右大臣(天真みちるさん)の喋り方が笑うしかないwwwおちょぼ口でゆっくり喋る感じでした。弘徽殿の女御役の京三紗さんもやっててかなりシュール。

・車争いで辱めを受け、葵の上に生霊として現れた、龍や蛇のような鱗柄の着物を羽織った六条御息所の顔が、怒りというよりは本当に呪うようなおどろおどろしい表情だった。ゆずかれー(柚香光さん)すごい…結局呪い殺すしね……
六条御息所にあまり会いに行かなくて、小言を言われる光源氏が彼女を見て、「私が桐壷をみる表情を見ているようだ。」と言っていたのが思い出される場面でした。

・うらら若紫(春妃うららさん)が可愛すぎて死ぬ件について。
源氏「大人になったら辛いことがあるんだよ」
若紫「では、私も大人になったら辛いことに出会うのですか」
源氏「あなたには私がおります。」
若紫「わたくしも、殿のお側におります!」
キュュュュュュン!!!!私の側にいて和ませておくれ若紫ちゃん!!!!!

・朧月夜のゆきちゃん(仙名彩世さん)めっちゃ白塗り似合うね。「こわい…でも貴方さまとならどうなろうと構いませぬ。」ってなんというヒロイン感のある台詞!でもこの一夜のおかげで光源氏は須磨へ行くことになるんだから女ってこわい…

・「あの方がどこへ行こうとも、お待ちしております。ずっと友でいるつもりです」的なこというあきら頭中将かっこよい。頭中将めっちゃ良い奴!

・2回観ましたが、光源氏が須磨へ行くところがMost 眠くなるポイントなので注意。本当最大の山場だと思う。

・「十年後」の文字が舞台後方にでる。宮中での柏木と夕霧の踊りは若さ溢れててかっこいい。

・柏木が女三の宮に夜這いをかけたことを知り光源氏が己の罪が自身に巡ってきたことを後悔する場面、白い紙が上から舞う中場面は青い光に照らされていて綺麗だったのが余計に怖くなった。


Melodiaー熱く美しき旋律ー

ロディアも公演詳細。
ロディア-熱くそして美しいメロディと心躍らせるリズムで奏でる数々の音楽。愛、夢、希望、情熱、哀愁、身体に漲る限りない思いと果てしないエネルギーを熱く美しい旋律に。華やかで若さ溢れる明日海りお率いる花組の魅力を、躍動的な歌と踊りで綴るレビュー。

銀橋で踊るみりおの腰つきエロス…!みりおってショーではそんなに艶っぽい感じを今まで受けてこなかったのですが、色めいたダンスをしておられてびっくりしました。

・キキ(芹香斗亜さん)→かれーの銀橋渡りで舞台上の娘役がスカートフリフリしながら前方に向かってくるのが可愛いの津波でときめく。お衣装のチュールがふわふわなのかんわー!

・1回目行ったとき、みりかの銀橋の場面で、みりお盛大に咳しながら歌ってて演出かと思ったけど今日行ったらやってなかったので安心。

・まよ(鳳真由さん)・ちなつ(鳳月杏さん)・マイティー(水美舞斗さん)だと思うんですが、3人銀橋渡りの後、あきら出てきたとき交差するところで勢いよくハイタッチして捌けていってたの男役っぽいはしゃぎ方で胸熱。

・宝塚のトップコンビはよく「夫婦」だと表現されて、男役はドンと構えて、娘役は男役さんを立てて二人三脚でお芝居やショーで主演を務めておられると思うのですが、みりかのには「百合」のようなどちらかというと美しい2人を見守っていたいような気持ちが芽生える。かのちゃんの行動をどんと構えるみりおより2人で支え合うような姿が見たいなっていう感じ。完全に個人的考えです……

・中詰終わりのまよ銀橋→マイみれきわ→娘役群舞が徐々に大人っぽいムーディーな雰囲気に変わるのが心掴まれる。

・マイティーとあれんくん(冬馬亜蓮さん)はずっと笑顔で踊ってるのすごい良い。
マイティーは黒燕尾でキリッとしてるのに座ってて立つ瞬間にニヤリとしてたのかっこよすぎてオペラ離してしまった。そのまま見てたら萌え死んでた。マイティー最高だよマイティー!あと水色上着で銀橋渡ってくるところの動画だけ売ってほしい。(願望)

・ラインダンスで大階段から降りてくる演出めっちゃ好きなことに気づいた。羽根揺らしながら降りてくるのかわいい。1番上手のあれんくんめっちゃ笑顔なの最高に推せる。

・男役の群舞で、大階段の隊列が今回かっこよくてオペラ使うより全体で見たい気持ちにさせられた。しっかり揃ってたしみんなお顔が客席大量釣りしてますよ、って表情なのが流石花組さん。


今回退団する紫峰 七海さん、真輝 いづみさん、姫歌 ひな乃さんも銀橋渡りがあるから拍手送れるチャンスがあって良かったです。最近集合日付退団とか多いからね……

次回からは副組長がじゅりあちゃん(花野じゅりあさん)になるとか私が観出した5年前には想像もしなかったよよよ
今回結構真ん中でじゅりあちゃん踊ってたのが嬉しかったので、副組長としても娘役引っ張っていってほしいなーー