読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレイに向かって

ねごとは寝ていうものなの?

【宝塚歌劇】雪組 私立探偵ケイレブ・ハント 感想(ネタバレあり)

ピコ太郎さんの「PPAP」を「ペンパイナポーアポーパイ」かと思ってて「ペン=小さい」の意味?小さいパイナップルとりんごのパイの話?と誤認していた私です。ペンは小さいの意味無いしね!

 

雪組さんの感想アップしまーす。

 

ムラパンフはこちら。

f:id:vo1ceddy:20161031232534j:image


あらすじはこちら。

舞台は20世紀半ばのロサンゼルス。探偵事務所の所長を務めるケイレブは、共同出資者である探偵仲間のジムやカズノと共に高級住宅街に住むセレブ達の浮気調査やトラブル対応に奔走する日々を送っていた。スタイリストとして働く恋人イヴォンヌとの関係も良好だったが、互いの生き方を尊重する二人は、新たな段階に踏み出す機会を見出せずにいた。そんなある日、行方不明となった娘アデルの捜索依頼にやって来たメキシコ人夫婦が直後に事故死するという事件が起きる。ケイレブは夫婦の願いに応える為、早速調査を開始。やがて、とある会員制の超高級クラブでアデルらしき女を発見するが、別の調査を進めていたジムとカズノが追う人物も、このクラブの関係者であることが判明する。果たしてそこは犯罪組織の隠れ蓑なのか。クラブのオーナーであるマクシミリアンと接触する為に彼の屋敷を訪れたケイレブは、そこで思いがけずイヴォンヌの姿を見かける…。仲間達と力を合わせ敵に立ち向かうケイレブと、その身を案じながらも彼を支えるイヴォンヌとの大人の恋の行方を描くミュージカル。粋な都会的空気感の中で、雪組トップコンビ早霧せいなと咲妃みゆが恋する男女の心の機微を繊細に演じあげます。


映画の撮影所から物語はスタート。

スーツにソフト帽で小粋に踊る男たち。ちぎちゃん(早霧せいなさん)も含めて群舞。ここめちゃおしゃれな振り付けでした。ネクタイ持って首動かす振り付けが好み!
あと娘役の群舞であゆみ(沙月愛奈さん)・ひーこ(笙乃茅桜さん)の2トップで踊る陣形なの俺得だった。あゆみちゃんの超絶妙技のダンスも好きだし、ひーこのダンスも好き!

 

撮影所でにわ映画監督(奏乃はるとさん)に報告書を手渡すちぎケイレブ。監督は会社側と何やらいざこざがあり、辞めさせられそうな雰囲気を感じているよう。その中で自身が監督している映画に出演している女優(アデル)が亡くなってしまう悲劇が。

 

H.H.C探偵事務所に"定例会"ことミーティングを行うために帰ったケイレブ。事務所の事務方がまた面白いんだな〜


・経理のまなはるダドリー(真那春人さん)は事務所で1番年上そう。しっかりしている。
・事務のきゃびいコートニー(早花まこさん)はミーハーで事務所のムードメーカーなところがある。
・事務?雑用?の縣トレバー(縣千さん)は元軍人?とりあえず頭は悪そうだけど、銃とか武器にはめっぽう強そう。


コートニーがコーヒーメーカー買うかずっと悩んでて色んな人を巻き込んでるのが第一の笑いポイント。

ちなみにセレブが主要顧客って設定はダドリーが収支報告書みたいなのをジムに確認してもらって「儲かってるじゃないか。」って言われてるのでそこで説明されてる…のかな?

 

ここで各キャラの性格とかまとめておこうかな…性格ですが完全に私の主観です。

 

・ケイレブ・ハント(早霧せいなさん)
とにかく真っ直ぐな性格。頭の回転が早くて判断力に優れているが情熱的すぎてすぐに行動してしまう。多少せっかち。

 

・ジム・クリード(望海風斗さん)
頭脳派。物事は段取りよくやる。日々のルーティンは決めてそうだが女のためなら崩せるくらいに心の広いところはある。おしゃれさん。人の名前はほぼ覚えない。

 

・カズノ・ハマー(彩風咲奈さん)
事務所の中ではトレバーの次に若そう。頭の回転は早いし口が達者そう。歳は若いが実力でケイレブにも劣らないから共同出資者になってるとかいう設定だったらいいな。(←完全に妄想)腕っ節にも自信ありか。

 

・イヴォンヌ(咲妃みゆさん)
フリーのスタイリストなだけあってコミュ力高い。自分のやりたいことをしっかり持っていて上昇志向のある人。ケイレブの仕事も理解しているつもりだが心配をしている。

 

・ホレイショー(彩凪翔さん)
いつもアロハシャツの謎の刑事。ケイレブに一目置かれている。後輩が文句言ってきたら茶化すくらいには大人気ないところもある。

 

・マクシミリアン(月城かなとさん)
結構クズ。お金にせこいが甘いマスクにエエ声で女には事欠かない。

 

以上、主要キャラの主観的性格でした。話を戻します。

 

"定例会"で最近受けた仕事の話をする3人。すると皆映画会社「マックスアクターズプロモーション」にまつわる事案であった。
監督と映画会社のトラブルを思い、アデルの事故死も何か関係があると踏み、情報を集めようと散る3人。
そこへ広告を見た、と夫婦が訪ねてくる。コートニーが古い広告で予約のないものはお受けできないと断るも話だけでもとジム。メキシコからビザ無しできた夫婦だったが、娘と1週間も連絡が取れないとの相談であった。


先に外出したケイレブは警察へ向かった。がおりナイジェル(香綾しずるさん)が出所するので、身元引受人として立ち会うためだった。ナイジェルは戦争で狙撃兵として部隊に死者を出させなかった旧友であり恩人。今は何をしているのか、どこに住んでいるのか、もし良ければ仕事も紹介する、と質問するものの、追って伝える、とナイジェル。

 

ナイジェル「また必ず住所は知らせる、今日は…」
ケイレブ「今日は会えて良かった。」
ナイジェル「…じゃあ……」

 

ここのナイジェルのツンデレ感ね…素直に会えて良かったと言えなかったのかな?と思っていたけど、ケイレブに言えない後ろめたい"仕事"があるから素っ気なかったのかもしれないです。

 

また移動してイヴォンヌが待つレストランへ。
飲み物だけで閉店まで待つイヴォンヌ健気すぎる。ラストオーダー聞きにくるマネージャーの朝風パイセン(朝風れいさん)イケメンすぎてそんなレストランあったら通うよ!!!!!

ドライブしよう、と誘うケイレブ。俯き、2人は何も共有できていない…と呟くイヴォンヌ。「ごめん、本当にごめん!」と何度も謝るケイレブ。イヴォンヌのことは大事にしてるんだろーなーイヴォンヌ羨ましいねーコノコノー!って気分になります。どんなテンションw

 

サンタモニカにやってきた2人。みんなが楽しく踊るところに2人も踊る。ご飯食べてないけど踊るのね?ここで歌っていた歌手のくらっちポーリーン(有沙瞳さん)が曲終わりでスカウトマンから名刺貰って、バンドメンバーに「スカウトされたわー!」って言いに行くところ毎回可愛い。

 

オープンカフェで飲み物注文するときに、

イヴォンヌ「モスコミュールを。」
ケイレブ「マティーニをステアで。」

 

ここにモスコミュールの描写があるので飲み物販売している訳ですねわかります!調べましたが、マティーニの作り方まで指定してるのケイレブは飲み方わかってる人だったようですね。
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1445693734?__ysp=44Oe44OG44Kj44O844OLIOOCueODhuOCog==

 

ケイレブ「誕生日おめでとう。これ、プレゼント。出会って初めての誕生日だよな?」
イヴォンヌ「2回目よ。」


めっちゃ男思考なケイレブー!回数とか日にちとか気にしないやつー!笑
ちゃんとしたお祝いは初めてだよな!とか言いつつ、プレゼント1回目と被らなくて良かったね!wちなみにシルバーで涙型クリスタルのネックレスでした。それにしてもイヴォンヌめっちゃ大人だわ…

 

次の日の"定例会"で各々マックスアクターズプロモーションについての報告を行うが、途中でケイレブに向かってジムが「昨日と同じ服だな…」って冷静だけど嫌そうに指摘するのめっちゃ笑う。この台詞でもわかる通り、お芝居中の衣装替えめっちゃ多いです。普段のお衣装の着数数えたこと無かったけど、今回出てくる度にお衣装変わってる気がしてびっくりした。

ちなみにケイレブもイヴォンヌも赤系統の色味が多かったです。ジムは黄色、カズノは緑が多かったかな。

 

情報共有している最中、ケイレブが持った書類挟みの中から写真が床に落ちる。昨日来たメキシコ人夫婦が置いていった娘の写真だったが、それは事故死したアデルだった。夫婦によると、父の病気をアメリカで治療させたいと資金を集めていた矢先の失踪だという。娘の死を伝えるために宿泊先のモーテルへ向かうジムと、アデルの家へ向かうケイレブ。そして「何かあったときにすぐ動けるように」事務所待機のカズノ。

 

モーテルには既にホレイショーたち刑事が。メキシコ人夫婦はひき逃げにあって亡くなったと聞き驚くジム。モーテルの中を捜索した刑事たちと情報共有しようと取引を行う。

 

アデルのアパートは盛大に荒らされていた。そこにアデルの友人のあんりハリエット(星乃あんりさん)がやってくる。ハリエットはアデルが亡くなったことを知って、「メキシコを思い出す」と大切に育てていた蘭を引き取りにきたと探すと、多分鉢植えも割られたんだろう、土も崩された蘭を見つけて悲しむハリエット。
水で濡らした布で根を包んで、「これで少しは保つだろう。」と蘭を持たせてあげるケイレブ!「暗いから」だったか「夜に女1人は危ないから」だったか失念しましたが、(11/4追記:「夜も遅いから」でした)「送るよ。」と言って家まで送ってあげるケイレブ!優しさ!!


また、ハリエットは1週間前程に「誰かに部屋の中を見張られている気がする、」とアデルに相談され、一昨日には「全てが解決した。明日から仕事も再開する。」と報告を受けていたことをケイレブに話す。

 

アデル、夫婦も亡くなってしまうものの最後までマックスアクターズプロモーションの闇を暴こうと決意するケイレブ。ここでナイジェルに、マックスアクターズプロモーションの社長であるマクシミリアンが、実はメキシコのマフィアであることを聞く。そしてマフィア同士の争いが起こることも聞くが、ナイジェルは何故この情報を知っているかは言わなかった。約束通り、住処は教えてその場を去る。

 

ジムの恋人、のぞみちゃんレイラ(星南のぞみさん)が寝落ちして自宅マンション前で待ってるとかまた恋人健気かよ!!!ご飯食べてないレイラに、

「(夕飯は)食べたよ…ハンバーグ。」

ちゃっかりしてるよジムは!でもケイレブもですがジムもちゃんと目を見て謝ることができる人なんですね。

 

レイラ「私もハンバーグが食べたい!」
ジム「ハンバーグ食おう!牛殺してでも食おう!」

 

ガチwww埋め合わせ方が必死すぎて怒る通り過ぎて可愛さしか出てこないケイレブ陣っょぃw


誰にも言わず、1人マクシミリアンの屋敷へ向かったケイレブ。マクシミリアンにアデルの質問をするものの、ハリエットの証言と食い違う話に違和感を受ける。そこへイヴォンヌがリゾートクラブ5周年のプロデュースの説明のためにやってくる。大慌てのケイレブ。

マクシミリアン「君たちは、その…特別な関係なのかね?」

ケイレブ「あぁそうです!どうしても守り抜かねばならないのですよハハハハッ(仰け反る)」

全然冷静でなくてただのちぎちゃんw説明が終わりすぐに屋敷から立ち去って、マフィアだから近づくなと言うもののマクシミリアン繋がりで顧客も増えた、とケイレブのことを信じないイヴォンヌ。すれ違う2人。

 

ハリエットの家へ向かい、ハリエット宛に届いたという小包を管理人から受け取る。管理人役のヒメちゃん(舞咲りんさん)がキャラ濃くてw「流行りのスーツを来た男の人と一緒に出て行きましたよ!彼氏ですかね!フゥー!⤴︎︎︎⤴︎︎」みたいなwテンション高めwww

鍵も受け取り、小包も迷うものの中を開けると、それはアデルの日記でマクシミリアンの悪業が全て記載されていたものだった。アデルはマクシミリアンの愛人で、メキシコへの帰省と装って金銭の運搬役もさせられていたのだった。
過去エピソードが始まるんだけど、あゆみアデル(沙月愛奈さん)が治療費を貸してほしいと頼むものの断り、「私は全てを文書で残している。」と言われたら金を用意しよう、と言うれーこマクシミリアン(月城かなとさん)なかなかの冷酷な感じでした。あゆみちゃんがアデルなの意外だったけど男に尽くす女性似合う~~

 

ハリエットは失踪し、この日記が狙われている、そして自分も狙われていると確信したケイレブは日記をホレイショーに預け、すぐにイヴォンヌのアパートへ向かった。

喧嘩したイヴォンヌになんとかすぐ逃げると伝えるものの、大荷物の用意から始めるイヴォンヌ。そこに停電が起こり、襲撃犯がアパートに侵入してくる。なんとか逃げるケイレブとイヴォンヌだが、街路でジムが撃たれ、カズノも襲われそうになり周りにも危険が及んでいた。
カズノはひったくり犯を捕まえることで襲撃犯とはニアミスだったんだけど、ひったくりされたのがポーリーンで、ひったくられたときに脚を捻ってしまったようで荷物も多いし歩きにくそう。「警察まで送るよ。」と腕を組ませるカズノ。やだ紳士。軽率に好きになるやつ!

 

ホテルまで逃げて一応の安心を得た2人。
ケイレブから襲撃の理由を聞かされ、ケイレブがこれからもっと危ない目に遭うのか心配で詰め寄るイヴォンヌ。ケイレブに時間を聞き、(22:30と答えるケイレブ)逃げる時に辛うじて持ってきたクラッチバックからマクシミリアン邸で行われているリゾートクラブのパーティーの招待状を渡す。

 

ケイレブ「これが終わったら…」
イヴォンヌ「その後のことは言わないで…!でも今は、愛してる…!
ケイレブ「俺も、今までも、ずっと愛してるよ。」

ここできつく抱き合うんですねーなんかもうラブラブなんですケイレブとイヴォンヌ…

 

3発銃撃されるものの全てかすり傷だったジム。かすり傷なのに左手吊って車椅子なのなんで?話してる相手側に向こうとするものの車椅子の使い方下手で絶対背中向けちゃうジムの不器用さ。そのジムを心配して泣くものの「うるさい!」と言われる付き添いのレイラに「あ〜ごめんね!こわかったね~!」って猫なで声で肩を抱いて捌けるだいもんジムの振り幅を感じられて好きなシーン。

 

1人でマクシミリアン邸へ乗り込もうとするケイレブだが、みな協力してくれていざパーティーへ乗り込む。

マクシミリアンに双眼鏡を渡し、ボートにアデルの日記を持ったジムを見せ、日記を桟橋に置く代わりにハリエットを返すよう持ちかけるケイレブ。本物かどうかわからないから無理とするものの、中身に記載されていることをケイレブに耳打ちされ、ハリエットを解放するマクシミリアン。

ホレイショーが誘拐の現行犯で逮捕する、と出てきたが、なんならお前ら全員殺してやると言うマクシミリアン。銃で脅されるものの「撃てよ、ここのみんなが見てるぞ!」と逆にホレイショーを脅す。
日記を寄越せ!とケイレブが持っていたトランシーバーで怒鳴るも、そのトランシーバーが音声レコーダーで、今まで怒鳴ったことが大音量で会場中に流された。

怒ったマクシミリアンがケイレブ達を殺そうとした瞬間、マクシミリアンやその部下が狙撃されその場に倒れる。そう、がおりナイジェルが狙撃しケイレブをまた助けてくれたのだった。がおちゃん何気に良い役。裏のちぎケイレブの相棒みたいなのね…!

 

探偵事務所での日々、ジムが事務所に現れレイラとバハマへ休暇に出るのでケイレブに伝えて、と言うときに、
ダドリー「行ってらっしゃい…ジム♡」

収支報告書見せるときに、「ジムでいいよ。」(最初は「カズノでいいよ。」って言われてジムにも「俺も。念のため(言ったよ)。」)って言われてたからってちゃんとファーストネームで呼んでるまなはるダドリー可愛いかよ😂

 

レストランでの食事後、マネージャーからロマネコンティを貰うケイレブ。どうやらレストランのオーナーもマックスアクターズプロモーションとのいざこざがあったらしく、一段落ついたお礼とのこと。

 

ケイレブ「特別な日に飲もう!なんなら明日の夜ひでも!」
イヴォンヌ「明日からパリなの。…ずっと言えてなかったんだけど。」

 

買い付けへ行き、いつ戻るかは決めていない、1人で色々考えたい、と伝えるイヴォンヌ。それでも待つよ、とイヴォンヌの気持ちに寄り添うケイレブ。お互いを尊重しすぎてヤマアラシのジレンマに陥っているんだなー。

 

急な大雨の空港。パリ行きの飛行機は強雨で遅れている様子。ビショビショで空港にやってきたケイレブ。イヴォンヌを探すものの見つからない。搭乗可能になり、続々と搭乗口へ向かう乗客の中にイヴォンヌを見つけて駆け寄るケイレブ。

「君に会いたくて。」と、会いたくて来ちゃった的なセリフを言うケイレブがねー!ケイレブ本当にイヴォンヌ好きだねー!ってなる。

 

イヴォンヌ「ビショビショじゃない!」
ケイレブ「雨は好きだ、君も、その髪も。」

 

ビショビショでお見送りに来てくれたケイレブを見て決心したのか、搭乗締切の案内がされるが抱きつくイヴォンヌ。

 

ケイレブ「いいのか、もう出るぞ」
イヴォンヌ「いいの…もうどこにも行きたくない!」

 

 ってラブラブかーい!ここでチューするのですけど、CA役のみちるちゃん(彩みちるさん)が「間もなく搭乗締切…いたしまぁーす…」ってキスした瞬間に身体ごと逸らして恥ずかしそうに捌けていくのネタとして最高w

何回観ても何でここでイヴォンヌはパリ行くのやめたのかはちょっとわかりませんでした…

銀橋で2人手を繋いで歩いて、下手でみゆイヴォンヌのコートを肩に掛けてあげてコートごと引き寄せてキッス…!!!!なんというトレンディ感!みゆちゃんニッコニコだしちぎちゃんハハッと微笑んで下手花道へ捌けるのが最&高でした。ちぎみゆがハッピーならそれでいいかな。ごちそうさまです。

 

音楽もジャズっぽいのでかっこいいし、コロスが男役だけじゃなくて娘役もあるのかっこよくて素敵でした。

大人っぽいちぎみゆ見たかったからおしゃれなお芝居見れて良かったです。前回観たとき、みゆちゃんがキスシーンでニヤニヤしすぎて大人っぽさが途中で消えてしまってたのが残念だったのですが、10/29マチネでは最後までしっかり"イヴォンヌ"だったので観てて違和感なかったです。

娘役ちゃんが一新した感じになってて驚きましたが、上から下まで芸達者な雪組さんのオリジナルのお芝居、ショーが観られて良かったです。

 

ショーはわけて記事上げるか悩んでるので一応こちらに先に感想ちょっとだけ上げますね。

 

・トナカイ役で「まだハロウィンも終わってないのにー」っていうれーこちゃんホンマそれな!


・ちぎタクロースからの早替えでオールバックで赤のスーツかっこいいー

 

・みゆ嬢にMaterial Girl歌わせようと思ってくれた稲葉せんせに盛大な拍手。小悪魔みゆ嬢大好きなので男を転がすけど心は乙女だもん♡みたいなみゆ嬢見せて頂いてありがとうございます。

 

↑鏡の場面の話です。娘役本当選出最高。というか上からだと思うけど最高。